ラフデザインの方法


design

 

 

基礎であり最も重要と言っても良い、ラフデザインについてです。

 

今まで僕はWEBページ作成にあたりラフデザインはあまりして来ませんでした。

行き当たりばったりの脳内構成。

しかしそれって自分の作品ならまだいいんですけど

仕事としてはダメですよね。

途中で方向性が変わっちゃいますし、整理も出来ません。

なによりお客さんに途中経過が具体的に伝えられない!

(僕もロゴマークとか作るときにはラフ案作っていたんですが、しかし本当にどうして今までやってなかったんでしょう;^^)

 

なので今回は

WEBデザインにおけるラフデザインとは、ということで書き綴りたいと思います。

 

まず、

http://design-spice.com/2011/06/23/website-rough/

こちらのサイト。

わかりやすいです!オススメです!

http://webdesignclass.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

こちらのサイトも参考に。

 

つまり大体の流れは

 

スケッチ

ワイヤーフレーム

ラフデザイン

作成へ

 

となるのが主流なようですね。

……DTP系も一緒……というか当たり前だと思いますが!笑

 

ワイヤーフレームも、書くときになにか注意とかあるのかな?

なんて思ったんですが、特に無いようです(当たり前か;)

http://www.designwalker.com/2009/04/wireframe-2.html

こちらのサイトからたくさんワイヤーフレームが見れます。

それだけでもかっこいいデザインがたくさん!参考にもなるし。

 

さらに今回初めて知ったのですが、

ワイヤーフレーム作成ツール

ってやつが山ほどある!使いやすそうなの見つけていくつか使ってみたいと思います。

その紹介もいずれやりたいです。

 

あと、色やフォントまでラフデザイン作成前に明確にする、というのは

慣れなんかが必要なのかな?とも思います。

そうなるともっと色彩の知識が欲しいですね……

ちなみにその辺の強化の為にも、

僕は最近カメラを持ち歩いて気になるデザインや色彩構成があったら撮ろうと意識しています。

あとでデザインの参考になればな、と。

 

そんなわけで、本日はちょっと内容薄い感じですが、

参考になるサイトの紹介ということで。

自分なりなラフデザインの流れができたらその流れをちゃんと紹介できたらと思います。

 

では。

 



TOPへ移動